ころころ便 改善

ころころ便を改善したい?

ころころ便が続いていると、お腹が苦しくなってきますよね。
どうにか改善したいと思いませんか?

 

 

ころころ便を改善するには、水分をしっかりと補給する必要があります。
汗をかきやすい時期は水分をしっかりとりますが冬になると水分をとらなくなったりする人は注意が必要です。

 

 

ころころ便の解消は水分をしっかり補給し、食物繊維が豊富なものをしっかり食べることである程度は改善できます。

 

 

また、適度な運動も必要です。

 

 

しっかり水分を補給しているのに便秘がちでころころ便しか出ないという方もいますがそういった場合は水分補給のやり方が間違っているかもしれません。

 

 

食事をする時に一口食べたら一口水分補給を心がけてみてください。

 

 

少しずつ便秘も改善されてくるでしょう。

 

 

慢性的に便秘がちな方の多くは、腸内細菌は悪玉菌が繁殖しています。腸内の善玉菌が少ないと腸内環境は悪化していきころころ便の原因になってしまいます。

 

 

乳酸菌を摂取したり、善玉菌の餌となるオリゴ糖を摂取するなどして腸内環境を整えてあげるといいでしょう。

便秘は憂鬱ですね

 

便秘も3日目くらいになってくるとお腹が苦しくなって
憂鬱な気分になってきますよね。

 

 

やっと催してきたとおもってもころころ便だったなんてことになったら
全然お腹はスッキリしません。

 

 

冷え性な女性に多いのが便秘と言われています。

 

 

どうにか改善したいけれども下剤は癖になるからあんまり使いたくありませんよね。
下剤は確かに便を外に排出して、悪玉菌も排出してくれますが体にいいとされる善玉菌も一緒に外に排出してしまいます。

 

 

一瞬すっきりしますが、根本的な便秘の改善には繋がりません。

 

 

便をためこむと、腸の中に溜まっている便はどんどん腐敗していきます。そのために悪玉菌が繁殖して、腸内環境はさらに悪化し有害なガスなどを発生させます。

 

 

便秘の人のおならは臭いと言われていますが、この腐敗臭が原因の一つなのです。
便の腐敗臭は、血液の流れにのって全身にいきわたりますので、肌荒れの原因になってしまったり、口臭がでてきたりします。

 

 

早めに対処して腸内年齢の若返りを図ることが大切です。

 

ころころ便の原因

便秘の中でもころころ便の原因について調べてみました。

 

 

ウサギのフンのような便しか出ないという場合は
弛緩性便秘が考えられます。

 

 

お腹が張って苦しく、固いころころ便が出て
どうもすっきりしないという方が当てはまります。

 

 

女性に多い弛緩性便秘の原因は、腹筋が弱いということが挙げられます。

 

 

また、腹筋が弱くなったお年寄りや過度なダイエットを繰り返している方水分がとても少ない方も、ころころ便の原因になっているようです。

 

 

 

 

弛緩性便秘を起こすと慢性化しやすく、下剤を使うことでさらに悪化していくという悪循環に陥ってしまいがちなのです。

 

 

 

 

特に、毎日便は出さなければいけない、宿便が溜まっていると毒素が溜まってしまうダイエットのために下剤を服用しているという方はころころ便の原因になります。

 

 

 

 

 

下剤を乱用することで、さらに腸のぜん動運動は弱まってしまい自力で排便する力がどんどんなくなってしまうのです。

 

 

 

 

腸のぜん動運動を取り戻すためには、下剤を飲むのを止めることから始めましょう。