自閉症として高効能自閉症アスペルガーが代表的な病だと言われていますが自閉症の中には個々との接点が持てない自閉症があります。
これは社会的に内気で表に出ない自分のモチベーションや進め方を秘めるもので実際には視線で確認できるものではありません。
視線で見て確認できないからこそ実際の看護介入は壁を極めます。看護介入が始まるのは20年齢あたりだと言われています。
こういう20年齢あたりに大抵の青年期の乳児には現職に就くという毎日計画を達成するために学校で学校を学ぶとか日雇いをするという実行が訪れます。
ただしこういう日雇い・アルバイト・学校毎日の中で確実に表と自閉症との仕分をつけて高低を任じることが出来ます。
他の学生と何か違う。他の家庭の個々と違う。他の店員さんと違う。みたいな形で病的な本人の作動を見晴らします。
カラオケが不器用だから勉強にいって現れる、歌って踊って楽しんだ。という素行からも「軽度の学校トラブル有様」ですことを確認できます。
学校トラブルか現職トラブルを上のカラオケに行く理由から裏付けていきます。アスペルガー症候群は掘り出しまでに「エビデンス」が必要ですから当人を観察することが重要です。
エビデンスを進めるとずっと自分の常々光景を喋り出すのが「クライエント」の特徴です。クライエントは自分の普段の音を誰にでも話して気さくに音ができます。
顧客が自分の進め方をまっすぐに伝えてきたり日常の学校有様から物語がたくさんできるとしたら「視察・エビデンス」を進めていきます。
自閉症は「エビデンス」を進めて行くため治し方を探り当てることが出来ます。エビデンスは素因を捕まえる最高峰安全なテクだ。
(※実践するのは危険なので人間や一般のお客は人まねしないで下さい)興味のある方はどうぞ